銀座大幸歯科 YASデンタルクリニック・アクセス インプラント無料相談
銀座大幸歯科TOP 銀座大幸歯科TOP 銀座大幸歯科TOP 銀座大幸歯科TOP インプラント・トピックス スタッフ 予約
インプラント治療メニュー

インプラントBLOG
審美歯科

本当に機能的なものは、本来美しい形態をしています。なにも審美歯科なんて言葉を使わなくても、本当に美しいものは機能美に優れ、無駄のないシンプルな美しさを兼ねそなえているものです。「明眸皓歯」とは中国の有名なことばで、美人の総称であります。美しく澄んだ瞳と白く美しい歯の意味です。これは唐の詩人が楊貴妃の美貌を形容した言葉として有名です。また、17世紀初頭にセルバンテスによって書かれた「ドンキホーテ」の中にも女性の美をたたえる言葉として、「歯は真珠をならべ」というくだりがあります。このように洋の東西を問わず美人の代名詞に白い歯がでてきます。
美しい白い歯は豊かな人生に大きな役割を果たします。なんでもおいしく食べることはもちろん、楽しくおしゃべりすることや、笑顔をより美しく、さわやかで、魅力的な表情を演出してくれます。そして、魅力的な笑顔は、人生を幸せな気持ちにさせ、人をひきつけ、人生も変えてしまう大きな力を持っているのです。
多民族国家アメリカでは、あらゆる人種に共通する何らかの有効サインが不可欠です。その一つが(スマイル)であり、そのサインは美しい白い歯でさらに強調されます。
アメリカでは、人口の80%に虫歯がないという統計があり、歯科治療費の80%が審美歯科治療や歯列矯正に支払われています。一方、わが国では「8020運動」(80歳になったとき、自分の歯が20本は残るようにしよう)を目標にする運動が必要なくらい、歯に対する意識が低下しています。その根底には健康保険で手軽に治療できることも関係していますが、欧米人に比べてスマイルに対する関心が薄いことがあります。
素敵なスマイルを手に入れる方法としては、ようやく一般的になってきた成人矯正の他にも、たとえばホワイトニングがあります。歯の表面をクリーニング・研磨をした後に、専用の薬剤と光線・熱の作用で変色歯や黄ばみの強い歯を白くします。もうひとつは、リコンストラクション(再構築)。あちこちに治療済みの金属がみえている場合、天然歯の色調を再現できるセラミックス・リコンストラクションで対応します
そして、インプラント(人工歯根)。部分入れ歯は自分の歯に金属のバネで引っ掛けていますので、いかにも入れ歯をしている感じになってしまいます。インプラントでは、この悩みから開放され、しかも入れ歯以上に強い力で硬いものが噛めるようになります。
近年、審美歯科が話題になっていますが、審美歯科は決して機能を無視して見た目だけを追求するのではなく、身体機能を回復させるという枠を超え、さらに他人の目に映る自分、つまり他人の感覚すらも治療の一部と考えています。
これからは、欧米のように自分自身の美しさや能力を主張することが重要となってきます。口元を美しくすることにより、失われた自身を取り戻し、明るく楽しく、そして健康的に人生を再出発するためのファーストステップとして、お口のなかを美しく、快適にしてみてはいかがでしょうか。

■ホワイトニング
ホワイトニングに関しては、アメリカから薬品濃度の濃い製品を直接個人輸入しております。通常、主成分である過酸化尿素の濃度が10%でありますが、16%〜22、30%のものを使用することができます。知覚過敏の緩和剤に、今までのフッ化ナトリウムに変わってリン酸カルシウムを使用しています。今までよりも痛みの緩和に効きます。 歯の色には個人差がありますので、症例にあった薬品を選択しております。また、オフィスブリーチング(歯科医院での漂白)のように強いレーザーを使ったりしませんから、歯がしみたり神経を痛めたりすることもなく、ホームブリーチング(自宅での漂白)で十分白くなります。ハリウッド女優の大半がホームブリーチングをしていることからも、実証されています。

 

■矯正の歴史
歯列矯正は、現在日本に30種類の学派が存在し、矯正専門医は自分の所属する学派の方法にのっとって矯正治療をおこなっています。 その学派の術式により欠点も利点もあり、ひとつのテクニックですべてを治すことができなくなってきております。 日本の矯正治療の大半がエッジワイズ法を基本とした小臼歯を抜歯するテクニックを基本としています。矯正を希望する患者さんの大半が、前歯の歯並びを気にする審美性の改善を希望しています。前歯というのは、犬歯から犬歯までの六本をいいます。この六本の歯を綺麗に並べるのに一番簡単な方法が、その隣にある小臼歯を便宜的に抜歯して、前歯を引っ込める方法です。矯正治療の6〜7割がこのように健康な歯を抜歯しているのではないでしょうか。一番の問題は、健康な小臼歯を4本も抜歯してしまうことです。そうすることにより、奥歯の噛みあわせが弱くなり、歯周病や顎関節症などを併発することがあります。 また、強い力をかけて歯を移動させるテクニックでは歯根が曲がってしまい、短くなってしまうこともあります。
現在、日本の矯正治療はアメリカの矯正治療の流れを汲んでいます。そして、アメリカでも1950年代に、オーストラリア出身のベッグにより、かつて、「エッジワイズ法は強い力で歯を動かそうとしたため、歯根の吸収などの大きな問題を含んでいた。」その治療法に変わり、弱い力を持続的にかけることによって歯を動かすという今までとは違う考え方が導入されてきました。
その当時、オーストラリアでは矯正ができる歯科医が少なく、遠くから何日もかけて来院する患者さんが多くいました。 広いオーストラリアですので、毎週来院するのは大変なことなので、一ヵ月ぐらい放置しても問題が起きないだろうという観点から、弱い力で矯正する術式ができて来ました。また、オーストラリアの原住民アボリジニーは歯が大変磨耗しているのに、歯並びが綺麗で、歯周病にもなっていないことに気がつきました。このことから、歯は奥のほうから前に移動するものだという説が確立されてきました。
小臼歯を抜歯して矯正しても、その後に少し隙間が残ったとしても自然と奥歯が移動してきて封鎖されてしまうということです。それ以降、矯正では抜歯をするのが基本となってきました。
1960年代のアメリカでは抜歯を基本とするベッグ法が盛んに行われていました。
次に、ベッグ法に刺激を受けたアメリカ人のリケッツがバイオプログレッシブ法を始めました。バイオプログレッシブ法はレントゲンを撮影し、その写真を分析することによって矯正法を決定します。
レントゲンを分析し、思春期の成長を予測することにより抜歯をするか、非抜歯で矯正をするのかを決定していました。
今でも、バイオプログレッシブの理論で矯正治療を行っている矯正家はたくさんいます。一般的に矯正専門医と看板に書いてある先生は、多かれ少なかれこの流れを汲んでいます。
バイオプログレッシブ法は、非常に難しくワイヤーをたくさん曲げる(ベンディング)する方法なので、治療する先生により治療結果に差が出てしまいます。要するに、ベンディングが上手な先生と、下手な先生とでは仕上がりに差が出てしまう方法です。
レントゲンを分析し、将来の成長を予測するといいますが、人間の成長は予測どおりには行きません。途中で成長が止まってしまったり、予測よりも成長してしまったりすることもあります。予測できないことを予測することは、あまり意味がありません。
1970年代には、NASAで開発された新しい材料が矯正治療に応用されてきました。その材料が、ニッケル・チタンワイヤーです。今までの矯正法は難解なベンディングが必要でしたが、これらの問題を解決してくれたのが、ニッケル・チタンワイヤーを使用したストレート・ワイヤー法です。アメリカの開業医アンドリュースがシステム化したストレート・ワイヤー法の出現によりバイオプログレッシブ法が以前よりも下火になってきました。

現在、アメリカでは抜歯をせずに、弱い力で矯正をする方向に流れが変わってきています。 また、歯列矯正はステータスシンボルのひとつであり、治療装置も一つのファッションのようにカラフルになってきています。
銀座大幸歯科では、いろいろなテクニックの利点を利用し、矯正を行っております。年齢や歯並びにより、期間や費用に違いがあります。 治療を考えている方は、詳しく現状をメールしてください。

 

インプラント個別相談

 
銀座大幸歯科
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-7 第三岩月ビル8F

TEL0120-706-317
※水・日曜日、祝祭日は休診日
最寄駅 地下鉄銀座線 銀座駅 A2 出口より 徒歩2分, B3 出口(アルマーニタワー)より1分 JR新橋駅より7分、有楽町駅より6分

Copyright(C)2009 GINZA DAIKO SHIKA All Right Reserved.