銀座大幸歯科 YASデンタルクリニック・アクセス インプラント無料相談
銀座大幸歯科TOP 銀座大幸歯科TOP 銀座大幸歯科TOP 銀座大幸歯科TOP インプラント・トピックス スタッフ 予約
インプラント治療メニュー

インプラントBLOG
根管治療

 数年前に歯が痛くなり神経を取って治療した歯なのに、化膿して痛くなり、浮いたような感じになり、ぐらぐらした経験はありませんか。
米国式根管治療で使われるチタン製の器具 最悪の場合は顔面が著しく腫れて、抜歯を余儀なくされる場合もあります。どうして治療したところが痛んでしまうのでしょうか。
これには理由があります。神経を抜いて薬(防腐剤)を詰める治療を根管治療といいます。根管治療は非常に難しい治療で、苦手な先生もたくさんいます。米国では根管治療専門の歯科医師(エンドドンティスト)がいます。治療も完璧で、術後のトラブルもほとんど起こりません。しかし、患者さんは主治医と専門医を行ったり来たりしなくてはならないので、完治させるのにかなり根気が必要です。
それに対して、日本の歯科医師は一人でなんでも治療しなくてはならないので大変です。根管治療法も100年前とほとんど変わらない方法で治療しています。そこには体質とか免疫の理論が欠如しているのです。 しかもシックハウス症候群の原因となり、環境ホルモンに指定されているホルムアルデヒド系の薬品を平気で用いているという愚かさです。歯医者さん特有の薬くささは、ホルムアルデヒドが原因です。それらの消毒薬は、アメリカやヨーロッパではすでに使用禁止になっています。そして、健康保険でできることになっていますから痛みがなければすぐに被せてしまいます。数年後に痛くなり、調べてみると膿がたまり、再治療が必要になるのが大半です。
では、いったいどこが違うのでしょうか。日本の歯科医師は(リーマー・ファイル)という、ヤスリの様な器具で感染した所を削り取り、(ガッタパーチャー・ポイント)というゴムでできた針を詰めます。ヤスリでは完璧に感染源を取り除くことができず、汚れを奥のほうに押し込んでしまいます。場合によっては、敏感な根の先を破壊してしまうこともあります。そして、ゴムでできた針を詰める方法も、完璧に充填することができず、必ず死腔(デッドスペース)ができてしまう。そこにタンパク質や血液が入り込み腐敗して行きます。

【米国式根管治療】

米国式根管治療は、インディアナ大学歯学部歯内療法科・セニヤ教授が発案した回転切削器具を使います。その器具はチタンで出来ており、湾曲した複雑な根の中を回転しながら器械で汚れを外に掻きだしてくれます。そして、完璧に汚れを取り除いたところに熱で暖めた流動性のある樹脂を一定の圧力を加えながら充填していきます。完璧に充填された根管にはデットスペースは存在しません。経年変化もありませんから、再治療の必要性はほとんどありません。
現在、この方法はアメリカではスタンダードな治療方法となり、歯科の学生も大学で教わっています。しかし、日本ではあまり知れていなくて、健康保険の適用外の治療法です。
今までの根管治療は目に見えないところの汚れを術者の経験と感を頼りに取り除いていましたが、マイクロスコープの発展に伴い、目に見える明視下で治療を行うことが出来るようになりました。

【超音波による新しい根管治療】

根管治療法は、リーマー・ファイルなどの手用切削から、ニッケルチタンファイルなどの回転切削器具を利用した機械的根管拡大へとテクニックが移行してきた。
特に根管形成用ファイルはステンレスファイルから、柔軟性と弾性に富むニッケルチタンファイル合金による根管拡大が多用されてきている。
しかし、最近ではダイヤモンド粒子でコーティングされた切削用超音波チップの登場により、機械的根管拡大から超音波振動切削に根管治療は進化してきた。
ダイヤモンドコーティング超音波チップを根内で使用すると、根管拡大を行いながら根管洗浄・清掃も同時にすることもできる。
特に注水された水が根管内で撹拌・還流する「キャビテーション効果」により、根管内の異物や汚物が根管内に浮遊し、排出される。
マイクロスコープによる根管治療により、根管内の様相を正確に審査・診断することが容易になったとは言え、根管拡大・形成、洗浄から根管に薬を詰める根管充填にいたる手技が困難なのは、限られた視野での手指の作業と根管形態の複雑さに起因しているためである。視野を広げ、作業を容易にするためにはラバーダム防湿は必要であるし、患者の安全を考えた上でも必須である。
近年、手用切削ステンレスファイルに代わる回転切削装置によるニッケルチタンの根管形成法が診療に活用され、根管治療法の効率化や安全に画期的な変化をもたらした。 しかし、あくまで根管拡大操作の効率化が上がっただけであり、拡大に伴う汚物の除去、清掃・洗浄、根管表面の汚れたスミヤー層の除去などは、今までの根管治療となんら変わらなかった。
それに対して超音波振動チップによる根管治療は、根管拡大・形成にとどまらず、根管清掃・洗浄から、根管表面の汚れた層「スミアー層」の除去、根管内異物・根管内汚物の除去、破折したファイルの除去、外科的根管治療など、多くの根管治療に活用ができる。 近年、マイクロスコープは根管治療には欠かせない装置であるが、今後、超音波振動切削法は根管治療の強い味方になっていくでしょう。

【YAGレーザーによる根管治療】

根管内の清掃、殺菌、消毒に対するレーザーの効果を支持する論文が多い。
根管内にYAGレーザーを照射し、根管内表面の象牙質深部に侵入した細菌に対してその減少効果が認められるのは確かである。
レーザーの根管殺菌メカニズムは、高密度のレーザーエネルギーによる熱効果が主であるとされている。レーザーを根管壁象牙質に照射した際の他の効果として、従来の手用リーマーなどの器具による拡大と比較すると、細菌などの汚れを含んだ削りカス(デブリス)の蒸散による根管内の清掃効果と象牙細管が封鎖され、根管壁が滑沢になる。
従来、根尖病巣内には活動性のある細菌は存在せず、十分に根管拡大、清掃がされていれば、根管内に細菌が残存していたとしても、根管充填により象牙細管内に閉じ込められると生存できなくなるとされてきた。しかし、最近の研究論文などを読むと、根尖病巣内にも細菌が生存しているという報告が相次いでいる。
根尖病巣内に細菌が存在しているとすれば、病巣そのものに対しても積極的に対処するべきと考えるのが自然である。
私は、YAGレーザーの特性の一つである歯質透過性について検討しており、歯質透過性によって直接病巣内の最近に対して殺菌効果が得られると考えています。
通常、根管内にレーザー照射を行った場合、レーザー光は着色物質である根管内の汚物に選択的に吸収され、それを焼灼殺菌するため、通常の洗滌よりも清掃殺菌効果が高いし、殺菌効果が根管内と根管内象牙質の深部、さらに根尖病巣まで到達すると推測できます。
さらに、象牙質表層が溶解し、象牙細管が封鎖されることにより、根管壁における細菌を含む有害物質の根管並びに歯周組織への通路を遮断し、根管内の再感染の防止と微小漏洩を減少させる効果もあります。
銀座大幸歯科では、根管内の清掃拡大が終わり、根管充填を行う前に根尖部にレーザー照射を行います。再発を防ぎ、根管内を乾燥し、殺菌効果を高める効果がありますので、安心してください。
照射時間は1秒たらずで、痛みもありません。

間違った理論は、百害あって一利なしです。 その点を十分に考えることが大切なことです。 自分の歯をきちんと治療すれば、本来インプラントは必要ないのです。

料金

銀座大幸歯科

米国平均

前歯部(一根管)

65,000円

350〜600ドル

小臼歯部(二根管)

75,000円

500〜860ドル

大臼歯部(三根管)

85,000円

700〜1000ドル

大臼歯部(四根管)

95,000円

1000〜ドル

この他に、衛生維持管理費として、2000円費用がかかります。
根管内にリーマーの破折、パーフォレーション等、問題がある場合は50%UP。(ご相談下さい)
マイクロスコープの利用に関して特別料金は頂いておりません

 

インプラント個別相談

 
銀座大幸歯科
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-7 第三岩月ビル8F

TEL0120-706-317
※水・日曜日、祝祭日は休診日
最寄駅 地下鉄銀座線 銀座駅 A2 出口より 徒歩2分, B3 出口(アルマーニタワー)より1分 JR新橋駅より7分、有楽町駅より6分

大连维特奥国际医院有限公司 Dalian VITUP International Hospital
ADDRESS:大连市开发区双D港生命二路22号

TEL:(0086)411- 39276866、(0086)411- 39271901
E-mail:info@vitup.cn
Website: www.vitup.cn

Daiko Dental Office LA
ADDRESS:348 Hauser Blvd Los Angeles CA90036
TEL:+1-310-962-9092
Copyright(C)2009 GINZA DAIKO SHIKA All Right Reserved.