銀座大幸歯科 YASデンタルクリニック・アクセス インプラント無料相談
銀座大幸歯科TOP 銀座大幸歯科TOP 銀座大幸歯科TOP 銀座大幸歯科TOP インプラント・トピックス スタッフ 予約
インプラント治療メニュー

インプラントBLOG

ファイバーポスト

  私の治療の半分以上が他の歯医者さんが治療した歯の再治療です。そして、いつも治療していて思うことなのですが、歯医者さんはけちです。
  自費治療で、上にかぶせているものは金やセラミックを使用していますが、なかの見えない土台に使っているものは銀やパラジウム、真鍮など、金属アレルギーの原因になり、腐食した金属イオンが歯に浸透して、歯の根っこが黒く変色したりするものを使用しています。
 いくら綺麗なセラミックの歯を入れても、それを支える土台がキチンと治療されていなければ、治療自体も所詮、その土台のレベルになってしまいます。いずれ根っこが黒くなり、審美的ではなくなり、最悪の場合は歯がだめになり、抜歯を余儀なくされることもあります。
  また、いちばん多い治療の間違いは、太い金属の土台を入れれば歯が頑丈になると考え、歯の太さの半分以上削ってしまい、太い金属の土台を入れてしまうことです。そうすると、歯自体の厚みがなくなり、結果的に数年すると根にひびが入り欠けてしまいます。驚かれると思いますが、世の中のほとんどの歯医者さんがこのような治療をしています。
  そのような今までの歯科治療で使われてきた材料や術式の欠点を完璧に克服したものがグラスファイバーの土台です。グラスファイバーは、高い圧縮強度と象牙質に近似した弾性を発揮します。そして、歯と同じような色調を有していますので、審美的にも大変優れています。また、金属ではありませんから、アレルギーなどの心配もありません。
  審美歯科が盛んなアメリカにおいて、多くの歯科医師がその優れた審美性と物性、そして、材料コスト面において高い評価を与えています。金属製の土台による金属色の透過がなく、限りなく天然歯に近い色調を再現でき、ほとんど歯を削らずに、最小限の治療で、理想的に根を補強できる、現在、もっとも理想的な材料です。
  かぶせてしまえば、なかの土台は見えません。見えないところだからこそ、体に優しい生体親和性のある材質で治療すべきです。土台の治療は何度も再治療することが出来ません。もし、これから神経を取り、歯を補強するような治療をする場合は、グラスファイバー・ポストを使用することをお勧めします。今後この治療材料、治療法はトレンドになっていくでしょう。
  しかし、残念ながら健康保険の対象にはなりませんので、現在治療を担当なさっている先生に相談してみると良いでしょう。見えない歯の中の治療ですから、その先生の考え方や、治療方針を量るいい機会だと思います。
 

 

インプラント個別相談

 
銀座大幸歯科
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-7 第三岩月ビル8F

TEL0120-706-317
※水・日曜日、祝祭日は休診日
最寄駅 地下鉄銀座線 銀座駅 A2 出口より 徒歩2分, B3 出口(アルマーニタワー)より1分 JR新橋駅より7分、有楽町駅より6分

Copyright(C)2009 GINZA DAIKO SHIKA All Right Reserved.